第41話 引きこもり3年目30歳長男君登場!

公開日: : 勝手に言わせて!

まあ、ズケズケ何でも言うから
私のことを嫌いな人間はたくさんいると思うが(^^)

私には嫌いなタイプや嫌いな人間が1人もいない。

もちろん10代、20代の頃は嫌いな人間もたくさんいましたよ。
しかし、お客さん相手の商売をしていて
店長だった頃の私は
みんなが嫌いなお客さんを
1人1人相手していた。

それは自分が接客においても百戦錬磨になりたいと思っていたし、
たった1人のお客様でも無駄にしたくないという考えからだった。

確かにみんなに嫌われるのも充分わかるタイプのお客様も多かった。
例えば
やたらと威張っていたり、
文句ばっかり言ったり、
バカにしたり、
見下されたり、
ムッツリ無口だったり、
そういうお客様ばかりだった。

しかし私は、そんな態度のお客様でも
その人の本質にまで入っていく術を身に付けた。

術とは
その人の生まれ故郷を聞きだし、
生年月日を聞く。
なぜ今この町にいるのかを聞きだし、
母校を聞き、そして兄弟関係を聞き、子供の頃を聞きだす。
現在の家庭を聞き、生活を聞きだし、仕事を聞く。
一通りを会話の中から聞きだし
その人なりの人生を知ることにある。

すると、99,99%の人は良い人だし
私達にも悪い態度をとらないし、
悪い人なんていないことに気づいた。

それがわかれば、学ぶことが多い。
なぜそういう態度をとるのだろうか?
なぜ自慢話ばかりするのだろうか?
なぜ虚勢を張って生きているのだろうか?

その一通りの人生経験の中から原因を究明するのだ。
そうやって毎日お客様から人間学を学びながら
老若男女問わず何万人もの人間探求をしていた。

それが、全人格対応型人間へと成長させたのだと思う。

そして、
現在新しいお客様に、
指導先の某会社の社長様のご子息、
現在引きこもり中で3年目突入の30歳長男君の登場だ。

今まで社長が仕事を一生懸命やってきた反動だと思う!
社長と折り合いがつかず挫折した長男君。
我が子だからこそ厳しく育てたつもりが・・・・。

社長は長男に対して諦めていたが、
本当の社長の夢は長男に会社を継いでもらうことだった。

それならば
私の仕事としては長男を何とか会社に復帰させて
会社を継いでもらう方向へと進めなければ成らない。

社長さんだって
社長としては立派だったが
親としての責任も果たしてもらわなければ幸せにはなれぬ!

そんなことでめぐり合った
現在進行形の引きこもり3年目突入の30歳長男君
そんな彼からの最初の質問は!

この地球を支配しているのは誰ですか?だった。

私も真剣に答えたよ。
昔は支配しようとする人間がいたよね、ヒトラーに代表されるように。
しかし、今の時代は情報化時代ナンタラカンタラ・・・・・・。

中略

全てが表に出ちゃうから、中々支配できなくなっちゃったんだよね。

だから、支配は出来なくなってきたし、支配している人はいないね。
だから30歳長男君も家に引きこもっていられるんだよ(^^)

親ですら家族を支配できない。
会社ですら社員も支配できなくなってきたしね、同じだね。
お客様も支配できなくなってきたね、同じだね・・・・・。

なのに、なぜまだ社会は
我々を支配しようとする「裸の王様」が多いんだろうね。

充分学びがあった(^^)

慌てないで行こうよ、
人生まだまだ長いぞ!
社会人のピークは50歳代60歳代だ
引きこもり歴3年、
全然恥ずかしいことではない。

これも経験だ!(^^)
人生に無駄は無いから、
絶対にこれからの会社経営で役に立つよ。

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

激レア砂かぶり55席のみ!伝説は五感で感じ獲れ!

  1964年の東京オリンピックに 父親が宇都宮市簗瀬に サトーカメラを

記事を読む

no image

体験したことのない人にいくら説明してもわかるわけがない。

2012年からスタートした 日本販売促進研究所主催 第15回佐藤勝人と行く アメリ

記事を読む

no image

「まちゼミ発祥の地」「岡崎市」「おかざき勝人塾」「稲盛和夫」「松下幸之助」 

まちゼミ発祥の地 愛知県岡崎市にて おかざき勝人塾 後援 岡崎市 主催 岡崎

記事を読む

no image

事業領域ハッキリさせないと攻め方は基本的に違うよ!(ローカル.リージョナル.ナショナル.グローバル)✕(メジャー.マイナー.ニッチ)

地球規模で捉えれば 日本国内がローカルで 世界をグローバルという捉え方もわかるが

記事を読む

no image

グローバルニッチだけど私たちもラーメンに負けずに「シャシンを日本から世界へ」

中国ではカメラはスマホだから 日本人のようには 写真をプリントしないという 精々や

記事を読む

Comment

  1. foxryo より:

    SECRET: 0
    PASS:
    香取さんのサイトから飛んできました。
    foxryoと申します。

    ・今日のコラムを読んで、その通りなんだなぁと思ったのと、
    ・9月7日のカウンター「1」をGET

    できたので、足跡を残そうと思いました。

    私も佐藤さんのように「全人格対応型人間」になりたいです。
    そのためにはまだまだ「人を知ろう」とする修行が足りないなぁと気づきました。有難うございます。

  2. シルバーラビット より:

    SECRET: 0
    PASS:
    佐藤様の人を見る暖かさと広さにいっも感心しております。
    見習いたいと思います。

  3. sato-katsuhito より:

    SECRET: 0
    PASS:
    この長男君には毎回毎回私だって傷つけられます。
    そこに気づきが生まれ、勉強になります。
    だから月に1回彼に会うのが楽しみなんです(^^)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑