第38話 駆け込み寺か!?

公開日: : 勝手に言わせて!

急成長中の住宅会社さんの
伸び盛り30代の中堅幹部さん2名から
別々の要件で別々に2件の電話が入った!

今からサトカメ本部に向かいますから
私に話を聞いてくれとのことだった!

どうやら問題は
社長との意見の食い違い、

急成長による未成熟な組織編成への問題、

新規事業立ち上げの問題等々

たまたま同じ日に
同じ会社の中堅幹部さん2人から
別々に違う内容の問題を頂き
別々に面談した。

怒っている幹部さんもいれば

泣き始める幹部さん

どちらも会社を愛し、
社長を信用しているから出る
自分なりの意見や考え・・・・・・・・・・・・

直接社内で言い合い出来る環境をつくるのが理想だが、
社長が勉強熱心でしっかりと理論武装、
あまりにも強すぎると部下はかなわない・・・・・。

それは組織が未熟な時に起きるしょうがない問題だ。
社長が強すぎるから悪いのではない、
幹部が未成熟、まだまだ弱すぎるだけなのだ。

だから、社内に社長の通訳者を育てないと
社長が裸の王様になってしまうか
内部崩壊が始まるのだ。

または、社外でも相談できる相手が必要になってくるのだ。

私は社長の気持ちもよく分かるので
そのときの状況を聞きだし
私が社長の気持ちを弁明してあげながら
細かくなぜ社長はその時何を感じ
何に対して怒ったのかを再現しながら
説明してあげた。

更に社長の考えはこうだから
あなた達幹部さんはこう対応しようよ、
社長はそれを期待しているんだ。
社長の本心はこうなんだよとアドバイスをしてあげる。

また、問題点は社長と幹部の意識の違いにある。
それを埋めるのが共通認識できるカンタンな数字にある。

例えばモデルハウスに
10組お客を集客するのと
100組お客を集客するのとでは
チラシ1枚にしたってデザインも内容は変わってくるはずだ。

さらに、現在の組織の未熟さから
あなたが今やるべきことを教える。

具体的には
週に1回の営業会議を始めること
司会進行は社長ではなく君だ!

あなたも個別で社長と対談しないで
あえて君はみんなの前で社長と戦え!

その後社長に怒られて
君の居場所がなくなったら
すぐ辞めてうちに来い、
その程度の社長だ。

しかし、私はわかるよ、
あなたのところの社長は絶対うれしいはずだ。
確かに一瞬むかつくけど、
幹部の成長に
本心はうれしいはずだ。
それが分からない社長ではない。

社長に試されてばかりいないで、
君が社長を試せ!

そして最後に、
おまけ話

あなたの
会社での立ち位置と
社長の性格にあわせた社長攻略法と
あなたなりの社内出世法を
こっそりと教えてあげるのだ。(^^)

まあ、これが受けているのかも!?

諦める、流す、冷める、
スグ極めちゃう
勉強不足の30代が多い中、

勉強すればするほど、
思い、悩む、熱くなるよね。

それってっ成長の証だ!

がんばれ30代中堅幹部
君たちの将来が楽しみだ!

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

商業界ショック3「私佐藤勝人はすべての債権を放棄させて頂きます。」

私が「商業界」に取り上げられたのが 2003年2月発売の3月号だった  

記事を読む

no image

商業界ショック2「私にとっての商業界とは。」

「商業界」とは出版社であり その出版業務から波及して セミナーやスクールや アメリ

記事を読む

no image

何をやるにも「ゼロリスク」なんて無い。

「何をやるにもゼロリスクなんて無い」     リスク回避のため

記事を読む

no image

「戦争をやっている国」と「戦争をやらない国」の差を感じた

先週のニューヨーク滞在中に トランプ大統領が 「ウイルスVS人類の戦いだ」 「これ

記事を読む

no image

刑事ドラマでも、時代劇でも、テレビでも、映画でも、主人公たちは「同調圧力」と戦っていた、それがカッコいい。

「同調圧力」とは 多数意見が正しく 暗黙のうちに 多数意見に合わさせること

記事を読む

Comment

  1. シルバーラビット より:

    SECRET: 0
    PASS:
    わが社の社員(息子)ニ人に聞かせてやりたいお話です。
    ニ人が勉強をする環境を作ってやらねばと思いつつ・・・
    ありがとうございました。

  2. 泣き始めた幹部 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    専務こないだは、おいそがしいのに
    ありがとうございました。
    おかげ様で、またレベルアップ出来ました。

    このお礼は、いつの日か専務よりデッカクなる事で返させて頂きたいと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑