第33話 「数字に弱い人へ!」

公開日: : 勝手に言わせて!

数字に細かくない人なんて殆どいなかったことに気づいた!
数字に弱い人も殆どいなかったことに気づいた!

よく耳にするのが
私は数字に細かくないとか
数字に弱いとか
数字が苦手なんですよと言う人がいます。

基本的に経営においての数字とはお金のことになるが!

面白いことに
苦手だなんて言うくせに、
自分の財布の中身や、
自分の小遣い
自分の給料にはすごく敏感であることに気づいた!

それって数字に強いことじゃないですか!?

例えば
みんなも今月給料を1万円引いたら
血相変えてどうしたんですか!
て、言いに来るよね。

100円玉落としたら慌てて拾うじゃないですか。

自販機でジュース買ったら
しっかりお釣り取るじゃないですか。

また、給料日前になると、
自分の小遣いが減ってきたら
飲み代もケチるじゃないですか。

それって経営において数字に強いっていう証拠だよ。

数字が苦手な人や弱い人とは
自分の財布の中に
いくらぐらい入っているのかもわからない。
それこそ自分の財布かえらお金を盗まれても
気がつかない、

また、月末、友達に貸した1万円も忘れてしまう。
終いには1万円は返さなくていいよという。
それって余程素晴らしい太っ腹か、
下手すればカモにされちゃうよね。

そんなに数字に弱い人は基本的にいないよね。

いたら教えて!
お金借りに行くから(^^)冗談だよ。

結局みんな
自分のお金だと数字に強くなり細かくなるんだね。

と、言うことはやっぱり
自分のお金ならばみんな敏感なんだから。

特に中小企業は
お金=給料=利益=売上=商品=お客様ということを
教育していかないとだめだよね。

会社の商品や備品やお金は
自分の給料には関係無いと言う発想だから

貸しても忘れてしまう、
落としても拾わない、
平気で壊す、
というようになってしまう。

意識や倫理の問題だけで済む問題ではないんですよ。

数値化して教えることが我々経営者の義務なんだよね。

経営者も教えるためのマネッジメントや数値化を勉強をしないで
すぐに意識の問題という言葉で片付けてしまうから・・・・・。

もちろん意識の問題なのですが、
それだけでは人材育成の観点から見ると
永遠に足りないと思いますよ。

3年掛かったけど
何となく少しづつ理解し腹に落ち始めてきたかな!?

商品も店も備品も床も
みんな自分達の財産だ大切に使おうよ!

ねッ、アソシエイト諸君!(^^)

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

旅行会社への丸投げ視察セミナーは辞めました!

商業経営コンサルタント歴20年 商業経営実務歴35年 アメリカ商業視察歴25年の知見を持

記事を読む

no image

現場は「スペシャリスト」がいい、経営は「ゼネラリスト」がいい。

現場叩き上げの欠点とは 現場叩き上げが 自分の経験だけで 語り始まったら厳しい

記事を読む

no image

「最後の現場叩き上げ」私たちのような現場叩き上げが業界を超え世界を変えるのさ!

私たちは誰に何と言われようが 現場叩き上げ! それではエリートと 現場叩き上げは

記事を読む

no image

多くの経営者から「増税なのに、なぜ値下げするのか?」という質問に対して「まっすぐに写真屋サトーカメラ」

私たち地域に根差す商人の目線で捉えたら 消費税増税には100%反対ですが 増税が決まった

記事を読む

no image

商業の現場にエリートは要らない。

人材採用でエリート強者を 欲しがるのは上場企業 それは彼らの競争相手が BtoBビ

記事を読む

Comment

  1. 商人伝導師 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「コストを意識しないことを趣味という。」(弊社の社員の心得30箇条より)
    今、小生がやってる「商人ねっと」はまだ趣味の域である。
    経営の計数とは、「売上を極大化し、経費を極小化すること。」ために何をすべきかを判断する数値なんだよね。
    だから、まず売上を極大化するにはどうするかから計数考えなきゃね。
    と、勝人次男のblogより感じた。
    「志は高く、コストは低く!」
    を地で行く、商人伝導師であった。
    blogと関係ないコメントであった。

  2. シルバーラビット より:

    SECRET: 0
    PASS:
     個人のお金の管理は出来るが会社の共有財産を1人1人が管理することは難しい課題」です。
     
    『みんな自分達の財産だ大切に使おうよ!』の言葉を社内で共有する学習と共有が必要だと教えて頂きました。

    ありがとうございました!

  3. Y田36歳 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今の日本では生きていること自体が高コストな気がします。プライベートでも仕事でも…。

    私が働くことで会社にはそれなりの経費が『人件費』として掛かっています。
    パソコンに向かっている1分・1秒が会社にとってメリットなのか?リスクなのか?
    いろいろ考えさせられます。ありがとうございました。

    「備品・床・Y田36歳」、皆財産として適切であるよう心がけないと…。

    日々精進

  4. satocame より:

    SECRET: 0
    PASS:
    同感です(´∀`)
    先日副店長に目の前にある物の価値を伝えようと
    「ソレはあなたの給料で買ったものだよ?」
    という話をしたら 逆に
    「無駄にするな」と怒られてしまいました(:゚д゚)
    会社の備品=自分のお金とわかっただけでも
    よかったとは思ってるんですが・・・

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑