第23話 「私からそんな話は聞きたくない」と、言ったって!

公開日: : 勝手に言わせて!

小さな店、小さな会社を経営していると、
余程の夢を見ているか、
余程先に夢を持って計画的に努力しないと
必ず、「収益は次第に減ってくる現象」にぶち当たります!

景気のいい時はわからないのだが、
不況期になると必ずこれが現れるんです。

同じ売り場面積で、
ほぼ同じ品揃え、
そして変わらないサービスをしていれば、
売上げがは、ほとんど伸びなくなってくるのは当然です。

もちろんオープン当初は珍しがってお客も集まってくるが、
店も陳列もチラシもDMもHPもブログもみんな同じ、
年中同じだと客数は伸びない!

飲食店の場合だと、確かに味というものがある。
それと量やサービスが加わる分
多少は生き延びるかもしれないが大して変わりません。

売上げを上げるには「売場面積+労働力+資本」の3つが大きな基本です。

「私からそんな話は聞きたくない」と、言ったって!
しょうがない、本当なんだから!

売場面積と資本はそのままで、
得意の人海戦術だけを頼りに頑張って
その場しのぎをいくら繰り返したって、
行き着く末は・・・・・・・・・。

どうしても頭打ちになる、
伸び悩む、
それ以上は伸びない限界点がどうしてもあるんですよ。

ある時点を越えると、
売上高はのびないところに行き着くのです。
それでも販売管理費だけは増え続けていくのです。
それが「中小店の収益が次第に減ってくる現象」なのです。

最初は確かに努力すれば努力するだけ収益は増えますが、
それ以上はいくら努力しても、
いくら一生懸命頑張っても、
いくら笑顔であいさつしても、
頑張っているわりには悲しいかな・・・・
売上の伸びない状態に至ってしまうのが現実なのです。

人を使っていれば人件費も諸経費も上昇する。
そして売上げは伸びない、利益もだんだん減ってくる・・・・・。

現実的には色々な手を打つことでしょう。
店舗改装をしたり、
チラシを打ったり、
経費削減したり、
しかし、本質的には何も変わっていない。

利益の不足分を他の要件でカバーしているだけの
帳尻合わせに過ぎないんです。

常に、「人」も「売場面積」も「資本」も等分に増加し続けることが
会社成長の極意なんですね。

そうすることで、売上げも増加し、
経費も充分に払うことが出来るのです。

だから、私は全国の指導先で
販売促進を通して具体的に業績を回復させ、
その資金を「人」と「資本」と「売場面積」に投下することを薦めているんです。
そうやって会社を成長させながら、
成長の面白さを教え、
中小企業の本質を変え、
地域で強い会社を一緒に創るのことをやってるんですよ。

それも、たった1枚のチラシからですよ!
ただのチラシづくりのオジちゃんじゃないのよ!(^^)

現在の繁盛も充分考えなければならないが
たとえ、
とんかつ屋だろうが、
宝石屋だろうが、
車検屋だろうが、
酒屋だろうが、
靴屋だろうが、
スーパーだろうが、
コンサル屋だろうが、

何屋をやってようが、
経営者は経営者だよ
同時に将来も見据えて考えることが経営者なんですよ。

現在の繁盛よりも重要なのかもしれませんね。
経営者が路線を確立するために私は更に勉強することをオススメします。

目先の繁盛にばかり追われて
将来、自社はどうするべきかを考えることを忘れないで欲しい!

自分の身の丈に合った
自分の力に合った

将来の経営路線を選んでちょうだい。

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

激レア砂かぶり55席のみ!伝説は五感で感じ獲れ!

  1964年の東京オリンピックに 父親が宇都宮市簗瀬に サトーカメラを

記事を読む

no image

体験したことのない人にいくら説明してもわかるわけがない。

2012年からスタートした 日本販売促進研究所主催 第15回佐藤勝人と行く アメリ

記事を読む

no image

「まちゼミ発祥の地」「岡崎市」「おかざき勝人塾」「稲盛和夫」「松下幸之助」 

まちゼミ発祥の地 愛知県岡崎市にて おかざき勝人塾 後援 岡崎市 主催 岡崎

記事を読む

no image

事業領域ハッキリさせないと攻め方は基本的に違うよ!(ローカル.リージョナル.ナショナル.グローバル)✕(メジャー.マイナー.ニッチ)

地球規模で捉えれば 日本国内がローカルで 世界をグローバルという捉え方もわかるが

記事を読む

no image

グローバルニッチだけど私たちもラーメンに負けずに「シャシンを日本から世界へ」

中国ではカメラはスマホだから 日本人のようには 写真をプリントしないという 精々や

記事を読む

Comment

  1. 中嶋幸生 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今日も深みのある言葉ですね

    「人」「売場面積」「資本」が自分の身の丈に合った分だけ
    増加し続けることが会社成長の極意!!

    現状維持では、下降ですよね、現状よりは、未来を見据えた計画
    行動をは経営者の仕事なんですね

    社長以外その仕事はできないですもんね

    今日もいい勉強になりました

    毎日先生のプログを読んでるだけで、現状には満足できず
    今の自分を振り返り落ち込むことが多いのですが

    やっと今自分が何をすべきなのか
    だんだんわかってきました
    ありがとうございます

    明日も楽しみしています

  2. 佐藤勝人 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうなんんだよね!

    私腹を肥やすのもいいけどそれは自分だけが楽しいのかもね。
    それを経営者は孤独だなんて言っているだけで。
    自分の私腹を隠すためだけなんだよね。

    私腹を肥やすのもいいけど
    「人」「売り場面積」「資本」に投下させることによって
    経営者って孤独ではなくなってくるんだよね。

  3. シルバーラビット より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今週は不覚にも体調を崩しコメントを入れられませんでした。
    (生まれて初めて、ギックリ腰で座ることも出来ず・・)
    健康管理には注意しているのですが(ーー;)
    でも毎日、読まさせて頂きました。

    特に、20話からは多くを学ばせて頂きました。
    今、新しい仕事を模索しておりますので。
    ありがとうございました。

  4. 商人伝導師 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    コンサル屋の商人伝導師です。経営者は次の投資をどう打てるかで会社の運命が決まることを知っていながら、恐くて、そして現状の気持ちよさに満足して、なにかと理由をつけて先のばしにする。
    会社は「ゴーイングコンサーン」であると知っていながら…。
    かくいう、小生もコンサル屋の経営者として、8年間、次への投資を怠ってきた。
    今、やっとおそばせながら踏み出している。
    学びをもとに…。
    勉強になるねー!勝人弟よ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑