第20話 「遠回りもいいけど、せっかくだから」

公開日: : 勝手に言わせて!

中小店を経営していると、最初に目指すべき段階的な目標がある。

私だって最初の出店は今から21年前20歳の時だった、
現在の宇都宮本店の近くで
社員は私1人だから私が店長だ。

朝9時から夜7時まで営業していた。
昼飯も休憩もトイレも店で済ますのは当然だ。
店の定休日は週に1回ぐらいで、
月商100万円の10坪の店。

給料は高卒平均で11万円ぐらいの時代だったが、
店長の私の手取りは7万円がやっとだった。

こんな程度のレベルだった私の場合、
また、勉強して知っていたからやってきたのではない。
勉強しなくったって出来る奴は出来る。

しかし、勉強しないと確実に遠回りになることを知った。

何も勉強して近道しろとは言わない、
また、わざわざ遠回りしろとも言わない。

強いて言うなれば遠回りした分、
近道した奴より足腰も体力も思考力も柔軟性もあるかな・・・?
その遠回りも今となれば経験としては充分に使えますけどね。

なんて自己解釈してます。(^^)

ということで、

まずは、中小店には限界規模というのがあって
そこそこは商売しているが、
資金も人材も知識も不足していて
色々なアイデアや手が打てないが規模のことを言います。

しかし、このような中小店の中にも繁盛店が無いわけではない。

店主の腕が良くて美味い飲食店とか、
商品知識が豊富で人当たりも良い店とか、
惣菜がおいしい小さなスーパーとか、

とにかく、
大手が出来ないことをやって成功している繁盛店が全国にもゴロゴロいます。

そして、その間に勉強しながら
次への突破口を見つけることが一番大事なんです!

現実的には、多忙に追われてそれが中々出来なかったり、
または、早々と人生を極めてしまう人が普通です。

今の時代、必ず競合店が出現します。

現状維持のままでたとえ上手くいったとしても
3年後には終わってしまうかもしれません。

最も怖いのは競合店に負けて、
社長が成長への意欲を失った時です!
挫折、無力感、張り合いが無くなった時が大変だ。

これが経営者の心を蝕むのだ。

企業は常に成長への可能性を持ち、
確実に成長への方向へ、仕向けなければならない。

そのための佐藤勝人流の3原則がある

①人口が少ないからこのくらいの規模の店で満足という考えはやめよう。
  また、この町には大手は入ってこなだろうという勝手な思い込みも気おつけよう。
  
②店舗展開・仕組み化・品質の向上と基本的に店側の都合からの発想はやめよう。
  常にあなたの業界で日本一の企業があなたの町に進出してくることを想定して
  戦略を考えること。
  
③経営者は長期的に展望を持つこと。
  その日その日の儲けだけに振り回されると気づいた時には
  競合店が現れて打つ手が遅くなります。
  自分は忙しくて、よく働いていると勝手に思っているのは結構ですが。
 
  「忙しい」と「働く」は全然違うことを知ってください!

現時点において、将来の為に何をしなければならないのか、
何にエネルギーを集中していなければならないのか、
常に現状を把握し考えるべきです。

私も含めて経験上
中小店はどうしても日々の業務作業に追われて
将来計画を軽く見る傾向があります。

重要なことは限界企業になりやすい現状から脱出し、
成長への戦略について勉強すること。
そして、少しづつでも実践することにあります。

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

私たちは性善説に基づきテクノロジーを使って労働集約型ビジネスを極めていく。

価格競争時代には 昭和の「軍隊組織」は 上司の命令は絶対で そこで生まれたのが「官

記事を読む

no image

勝ち馬に乗るビジネスもわかるけど、私たちのビジネスは馬車馬を育てている感じです

衝撃過ぎる身内の恥から 社内内部のしくじりから ポカまで全てを暴き出し 大勢の前で

記事を読む

no image

FCチェーン型の単品専門店商法とインデペンデント型の超専門店商法

客層を絞り込んで そのターゲットに対して ターゲットが買いそうな 品揃えを広げてい

記事を読む

no image

女子高生が読んでくれる「日本でいちばん楽しそうな社員たち」サトカメ伝説本を書きたくなったー

県外に住む女子高生が 私の著書 「日本でいちばん楽しそうな社員たち」を読んで 先日

記事を読む

no image

商業の世界でエンタメ競争って言われても?そのエンタメ競争の極意とは・・・。

商業の世界で エンターテインメント競争って言われても? そのエンターテインメント競争の極

記事を読む

Comment

  1. 商人伝導師 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    若い人には、夢計画をつくってほしいし、勉強してほしい。だって、40を過ぎると、わかるんだよね。勉強した人間としなかった人間の差が…。勉強しないと、40ぐらいでエンストするんだな〜。だから、それからの幸せが違ってくるんだよ!
    ゴリラと人間の知能指数の差はどれくらい?
    答は、20IQの差しかないんだよ。
    あとは、夢計画をもち、実行することなんだな。
    という、小生もわかったのが40になってから…。
    だから、みなさん若いときに勉強しないと!
    佐藤勝人のblog毎日見るだけで勉強になるよ!
    小生もこのblogで勉強している一人なのだから…。

  2. さにぼー より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは…。人生日々勉強!たくさん勉強して“経験”を積むことが大切…。これまでの自分を反省し、少しずつ変えていこうと思いました。

    テレビ放送でどのくらい映っているか録画してチェックしますね、楽しみです。

  3. 中嶋幸生 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    身にしみます。今回のプログ!!日々の業務作業に追われて
    将来計画を軽く見て、実行できないことがとても多いです
    現状維持は後退なんですよね、つねに

    他社と違うファーストワンを次々計画的に手を打って
    ファーストワンからオンリーワンへ そしてNO1になっていくんですよね
    頭で分かるんですけど、なかなか、足と手が動いていかない
    毎日がジレンマの連続!!

    忙しいと働くは全然違う、将来の為に何をしなければならないのか、
    何にエネルギーを集中していなければならないのか、
    ついついエレルギーがあちこちに分散していまいます

    エネルギーを集中させる!!今日一日がんばります

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑