第3話 「わかった」と「できた」と「出来る」は違う!

公開日: : 勝手に言わせて!

昨日のテニス部の娘「なっち」の話になるが。
勉強すれば誰でもわかる。
しかし、「わかった」から「出来る」とは限らない。

インプットの「わかる」は誰でも平等だ、
アウトプットの「出来る」が人間の能力である。

出来るようになるためには、
普通人は「できた」瞬間に満足して練習を終わりにするから普通人なのだ。

例えば10回目の練習で1回「できた」なら出来る確立10分の1!
だから、勝ったり負けたりと自信が無いのだ。

「できた!」を10回でも20回でも繰り返し、「出来る」になるまで練習することにある。
5分の1・ 3分の1・ 2分の1・ 1分の1と
「できた」を繰り返すことで「出来る」まで練習する。

実は娘の「なっち」は勉強して編み出した戦略ではない。
自分の長所「できた!ことだけ」をただひたすら練習し、「出来る」ようになった。

その自分の「出来る」部分だけを最大に使って勝利を得た!

強いていうなれば、自分の短所欠点を否定せず素直に認め
「できた」から「出来る」まで練習することで
その自分の短所欠点であるはずが
長所に生まれ変わってしまうことを実践してくれたのだ!

自分の短所欠点のはずが
最大の武器に変わってしまうことを改めて学ばせてもらった。

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

私たちは性善説に基づきテクノロジーを使って労働集約型ビジネスを極めていく。

価格競争時代には 昭和の「軍隊組織」は 上司の命令は絶対で そこで生まれたのが「官

記事を読む

no image

勝ち馬に乗るビジネスもわかるけど、私たちのビジネスは馬車馬を育てている感じです

衝撃過ぎる身内の恥から 社内内部のしくじりから ポカまで全てを暴き出し 大勢の前で

記事を読む

no image

FCチェーン型の単品専門店商法とインデペンデント型の超専門店商法

客層を絞り込んで そのターゲットに対して ターゲットが買いそうな 品揃えを広げてい

記事を読む

no image

女子高生が読んでくれる「日本でいちばん楽しそうな社員たち」サトカメ伝説本を書きたくなったー

県外に住む女子高生が 私の著書 「日本でいちばん楽しそうな社員たち」を読んで 先日

記事を読む

no image

商業の世界でエンタメ競争って言われても?そのエンタメ競争の極意とは・・・。

商業の世界で エンターテインメント競争って言われても? そのエンターテインメント競争の極

記事を読む

Comment

  1. MAC より:

    SECRET: 0
    PASS:
    遅ればせながらブログ開設おめでとうございます。
    岡崎は今日も暑いです。岡崎市民球場では高校野球の準決勝をやっています。暑い中大変だなあ。

    「わかった」と言ってすぐに動かない人は分かっていない場合がほとんどだとよく言われましたが、本当ですよね。
    でもすぐに動いてできたからと言って次もできるとは限らない。
    繰り返し成功することが大事だというのはなかなか凡人の私には分かっていても大変だ~などと思ってしまいます。
    1回できたくらいじゃ、入り口のドアを開けた程度でしかないんですね。
    繰り返し…飽きっぽい私には難しい課題です。

  2. more より:

    SECRET: 0
    PASS:
    自分(会社)の「事実」を認めることから始まる。
    それはまだ長所か短所か判断するのではない。
    まず自社、自分、自分のお店「しか」ないことを整理することが一番大事でしょうね。

  3. arata より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ブログ開設おめでとうございます。
    佐藤さんの、ユニークな切り口の発言を楽しみにしています。

    「シュートは打たないと、点は入らない」が最近の私の思いです。
    早速行動されるところが、流石です。
    ブックマークしてこれから拝見していきます。

  4. シルバーラビット より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今日のお話を聞きながら、遠い昔の高校の数学の勉強を想い出しておりました。いかに多数の問題に挑戦するかが試験結果を左右したものです。事業も一緒ですね「公式を知った」だけではダメなんですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑