第2話 経営戦略として充分学べた「なっち」の発言!

公開日: : 勝手に言わせて!

何でもそうだが、でっかい奴が有利に思えて、小さい奴が不利に思える時がある。
そんなことは無いと思っていてもでっかい奴が来るとビビるものです。

我々の競争社会ではボクシングや柔道のように階級が無い、
無差別級で戦うのが常だ!

知らず知らずのうちに、でっかい奴のマネをしてしまいがちです。
それが、自分を見失う原因だと思います。

そんな我が家の中学3年の娘「なっち」は部活でテニスをやっている。
テニス部の中でも一番ちびっ子で、一番ひ弱な、「なっち」だ!
そんな、「なっち」が春の大会に続いて
2大会連続宇都宮地区大会250組中ベスト16を達成!
母校テニス部初の快挙、ベスト16を2回もやり遂げた!

「なっち」の試合は1回戦から誰が見ても相手選手の方が
でっかく、大きく、パワーもある、誰が見ても相手の方が強い。

それでも、試合は「なっち」が勝つ!

相手の渾身のパワーレシーブを返す、「なっち」。
もちろん返すのがやっとだ!

しかし、ここで「なっち」の戦略が光る。

相手のウイークポイント目がけて野球のポテンヒットのように落とす。
「なっち」より強い相手はムキになり
「なっち」目がけて更に渾身のパワーレシーブを打ち返す。
この結果、走りまわされている相手、
ムキになって打ち返す渾身のパワーレシーブのおかげでヘロヘロ!

誰が見ても相手のほうが強い、パワーもある。
負けた相手は言う「弱い奴に負けた!運が悪かった!」
そして、励ます「勝ってた試合でしたよ!そういうときもありますよ!」だって。

「なっち」に聞いた!

「なっち」はチビッ子だし、力も無いし、あんな力強いパワーレシーブ
いくら練習したって無理なの知ってるも~ん。
だから、正確に打ち返す練習だけはしたよ~!だって。

そして最後に一言、
「なっちにしか出来ない勝つ方法を考えたんだ!」だって。

経営戦略として充分学べた「なっち」の発言だった。

実践派経営コンサルタント・佐藤勝人へのセミナー・講演・個別指導などの相談依頼はJSPL日本販売促進研究所よりお問合せください
JSPL日本販売促進研究所HP


読んだその日から経営が変わる!佐藤勝人の第10作目の新著
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方 ―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―
モノが売れない時代の「繁盛」のつくり方<br>―新しいマーケットを生み出す「顧客一体化戦略」―


チラシ1枚からお店が変わる!経営が変わる!
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)
売れるチラシ作りの極意!(商人ねっと)


あなたの人生と商売感を変える!
勝人塾(商人ねっと)
勝人塾!(商人ねっと)


時事ネタを佐藤勝人が一刀両断!
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
business-plus.net


佐藤勝人を体験!勝人塾-Facebook Page-


関連最新記事

no image

私たちは性善説に基づきテクノロジーを使って労働集約型ビジネスを極めていく。

価格競争時代には 昭和の「軍隊組織」は 上司の命令は絶対で そこで生まれたのが「官

記事を読む

no image

勝ち馬に乗るビジネスもわかるけど、私たちのビジネスは馬車馬を育てている感じです

衝撃過ぎる身内の恥から 社内内部のしくじりから ポカまで全てを暴き出し 大勢の前で

記事を読む

no image

FCチェーン型の単品専門店商法とインデペンデント型の超専門店商法

客層を絞り込んで そのターゲットに対して ターゲットが買いそうな 品揃えを広げてい

記事を読む

no image

女子高生が読んでくれる「日本でいちばん楽しそうな社員たち」サトカメ伝説本を書きたくなったー

県外に住む女子高生が 私の著書 「日本でいちばん楽しそうな社員たち」を読んで 先日

記事を読む

no image

商業の世界でエンタメ競争って言われても?そのエンタメ競争の極意とは・・・。

商業の世界で エンターテインメント競争って言われても? そのエンターテインメント競争の極

記事を読む

Comment

  1. シルバ より:

    SECRET: 0
    PASS:
     佐藤さんの著書によく出てくる「ランチェスター」について知りたいと思い
    目下一生懸命読んでおります。「ランチェスター弱者必勝の戦略」はとても教えられることが多くあります。実はサラリーマン時代教養として読みましたが今は自分の立場を改善したい一心で読んでます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

勝人塾







PAGE TOP ↑